【ランドネツアー動画】広大な麦畑と水辺の村を巡る。Les coteaux de Grand Morin

パリ近郊のランドネルートを探しているときによく目にしていたのが、Crécy-La-Chapelleという小さな村。Grand Morin川から水を引いた水路が美しい「プチ・ヴェニス」とも呼ばれる村です。5月のランドネツアーでは、このCrécy-la-Chapelleを通る、Grand Morin川の両岸を歩きに出かけました。美しい麦畑、川沿いの景色と可愛らしい村と、変化に富んだ景色を楽しみました。動画は記事の下部にあります。

 Île-de-France東部の広大な麦畑を歩く。

「日の当たる農地を歩くので、日差し対策を十分にしてください」

 参加者への案内文に何度か書いたメッセージだ。パリから30分も電車に乗ると、車窓の景色は都市部から農村部へ変わる。特に東部は本格的な農地で、広大な麦畑や名の花畑が広がっている。こうしたフィールドではいつも歩く森の中とは違って、日差しをダイレクトに受ける。

 当日の朝は曇り空。今回のコースを歩くには最適な条件となった。

麦畑の間の農道のトレイル

 Gare de l’EstからP線を乗りついで、約1時間。Villiers-sur-Morinという小さな駅に降りた。早速ここから、Grand Morin川右岸の丘を登る。突然の上り坂に驚いた方もいたようだが、5分も歩けばすぐに坂を登りきり、麦畑に出る。農道では地元の方々が走っていたり、犬と散歩をしたりしている。フランスの田舎では珍しくない景色かもしれないが、なだらかな丘陵地になびく麦畑はとても美しい。また、川を底辺に谷なっている地形がよくわかる。

この道を降りて村へ降りる

 麦畑を東に横断するとCrécy-La-Chapelleの“上”に出る。麦畑の間の道を降りて“下”に降りる。中心部の水路の通りを眺めながら、川を渡ってランチスポットまで歩く。もちろん歩くのが目的だが、それと同じくらいランチタイムは重要だ。屋外でのリラックスした時間は、外遊びの醍醐味ともいえる。

お昼休憩をとった芝生の広場

 教会が見える川沿いに気持ちの良い芝生の広場を見つけたので、そこでお昼をとることにした。屋根がついた可愛いベンチが3基あり、広場の中央には大きな木が陰を落としている。柔らかい風がふくピクニックには絶好の日和で、ここをゴールにして今日はお終にしても良いかもしれない、そんな気持ちになる心地よい時間だった。

公園の近くにあった堰を覗く

 芝生でのランチを楽しんだあとは、Crecy-La-Chapelleの村を訪ねた。ランチスポットから見えた教会を覗き、村のチャームポイントにもなっている水車を見た。

 村から出て、再びのんびりとした農村部を歩く。

午前中はちょうど正面に見える丘陵を歩いていた

 住宅街の横に農地が広がり、川が流れる。乳牛や厩舎もあった。フランスらしい長閑な風景だ。この景色の中を歩いているだけで、1週間の仕事の疲れやストレスを忘れてしまうから不思議だ。

右にはLavoir(洗い場)が。この川が村まで流れていた

 スタート地点で降りた、Villiers-sur-Morinも、村の中心部を小川が流れる可愛らしい村だった。ちょうど、絵画のレッスンをしていて、子どもたちが教会の絵を一生懸命描いていた。

 全部の行程で12kmほどだっただろうか。4時間ほどの行程で出発した駅に到着。ところが帰りの電車が来るまで、なんと50分の待ち時間。川沿いを少し散歩に出かける人もいれば、ホームでのんびりおしゃべりしながら待つ人も。フランスの夏は日が長い。こんな時間も楽しんで過ごせばいいのだ。

フランスを中心にヨーロッパでのハイキング、トレイルランニングなどの外遊びにまつわる記事を書いています。アルプスやピレネーも好きですが、北欧や東欧の森に憧れています。

コメント

コメントする